川崎市中原区|武蔵新城駅近く|女医|歯医者|歯科|予防歯科|小児歯科|矯正歯科
facebookrss
 

子供のための親子予防歯科

子供のための親子予防歯科

親子予防の重要性

当院の定期管理型の親子予防歯科では、カリエスフリー(虫歯をつくらないようにすること)を目標にしており、家族単位での予防を行っております。

12歳でのカリエスフリーを90%以上にする。

当院では、12歳でのカリエスフリーを目指し、お子さんだけではなく、お父さんやお母さんなどご家族のみなさまで予防歯科に取り組む「親子予防」を推奨しております。
お口の中の疾患である虫歯や歯周病の菌は、産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはいません。日々、赤ちゃんと触れ合っているご家族からの感染により虫歯になるのです。

生涯健康な歯で食事や会話を楽しみ、笑うことができたらどんなに幸せでしょう。そのために重要なはじめのステップが「健康な永久歯列の完成」です。
今あるリスクを検査し、科学的なアプローチで対応し、医院での専門ケアをご家族で取り組んでいただくことで、カリエスフリーを達成し、将来の健康につながるのです。
お子さんだけ定期的に通院している場合とご家族で定期的に通院している場合では、虫歯のリスクが大きく変わります。

お子さんのためにも、家族全員で予防歯科に取り組みましょう。

定期管理をしている母、していない母虫歯発生率

◎定期管理している母(むし歯が少ない)とその子供

定期管理している母

母の口腔内(虫歯が少ない)

定期管理している母の子供

子供の口腔内(虫歯ゼロ)

◎定期管理している母(虫歯は多治療)とその子供

定期管理している母(虫歯多治療)

母の口腔内(虫歯治療済み)

定期管理している母(虫歯は多治療)の子供

子供の口腔内(虫歯ゼロ)

◎定期管理していない母(虫歯が多い)とその子供

定期管理していない母

母の口腔内(虫歯が多い)

定期管理していない母の子供

子供の口腔内(虫歯が多い)

リスク検査(初診時検査)

これまで、多くの歯科医療は、

    1. 虫歯になって穴が空いたから歯を削って詰める
    2. 歯を支える骨が少なくなりグラグラしてどうしようもないから抜く

といった治療が中心に行われてきました。しかしこれらの行為で本当に治ったと言えるのでしょうか?

よく考えてみるとこれらの行為は結果に対する処置であり原因に対する処置ではありません。

例えば、平均以上にお口の清掃状態が良い人が平均以上に虫歯になってしまう例があります。なぜ清掃状態がいいのに虫歯になりやすいのか原因を調べることが大切です。
そこで当院では、現状を把握するために、

    1. RDテスト or 細菌培養検査
    2. PHテスト
    3. 唾液緩衝能テスト
    4. 口腔内写真
    5. 位相差顕微鏡
    6. 問診(食生活調査)

などのリスク検査(初診時検査)を行います。※お子様の年齢によって行う年齢が異なります。

プログラムの流れ

プログラムの流れ

RDテスト

唾液中の細菌総数を簡単に調べるテストです。ディスク型のシール付き試験紙に唾液をとって腕に貼り、15分後試験紙の色によって虫歯のリスクを3段階で判定します。

RDテスト
RDテスト
RDテスト

口腔内写真の撮影

目で見ただけでは記憶としてずっと残りません。口腔内(口の中)を写真に残すことによって状態の変化に気づくことができます。
    1. 歯肉の色・形
    2. 歯面の状態(プラーク・歯石・ステイン他)
    3. 歯列の状態 など
口腔内写真の撮影
口腔内写真の撮影
口腔内写真の撮影

位相差顕微鏡

汚れ(プラーク)を採取し、位相差顕微鏡で観察します。

位相差顕微鏡
位相差顕微鏡

染め出し

毎日歯を磨いていても本当にきちんと磨けているか心配な方も多いのではないでしょうか?歯垢染色剤を使って磨き残しを確認していきます。

染め出し
染め出し

ブラッシング(歯磨き)指導

ブラッシング染め出しをして染まったところ(磨き残し)を実際に歯ブラシを使って当て方・力加減・動かし方などお子様に合わせたアドバイスをします。

研磨

研磨日常の歯磨きでは取り切れない汚れを電動のブラシとペーストを使って磨いていきます。※0~3歳は基本歯ブラシのみ

フッ素塗布

フッ素塗布綺麗になった歯面にフッ素を塗布します。フッ素は歯を強くし虫歯予防の効果があります。※トレー法ができないお子様は歯ブラシで塗布します。

シーラント

奥歯の噛み合わせにある複雑な溝をプラスチックで埋めることです。生えたての乳歯や永久歯に行います。

シーラント
シーラント

その他

以下のような資料などを使いブラッシング(歯磨き)方法のほかにも様々なアドバイスいたします。

その他
その他
その他

再評価

染め出しによって染め出された所を%(PCR)で表しどのくらい磨き残しがあるのか細かく見ていきます。
表を使って染まったところを記録しておくことによってどの部分に磨き残しがあるか把握することができます。

再評価

最後に

「予防歯科」の基本は歯が生え始めた時から歯の健康を考えることにあります。
歯を失うと生活の質(QOL)が下がります。
そうならないためにも、子どものころから正しい知識を身に着け、生涯を通じて歯をトラブルから守り、管理する「予防歯科」が重要なのです。

一生、健康な歯とお口でいるために私たちと【カリエスフリーチャレンジプログラム】を始めましょう。