川崎市中原区|武蔵新城駅近く|女医|歯医者|歯科|予防歯科|小児歯科|矯正歯科
facebookrss
 

マタニティ歯科・マイナス1歳からの予防歯科

マイナス1歳からのはじめる虫歯予防

マイナス1歳からのはじめる虫歯予防もともと、虫歯菌(ミュータンス菌)は、赤ちゃんのお口の中には存在しません。
虫歯菌(ミュータンス菌) は、8割以上の確率で母親から感染することが分かっており、虫歯菌の多いお母さんの子どもは虫歯になりやすく、そうでないお母さんの子どもは虫歯になりにくいと言われています。
つまり、お子さまの虫歯予防は、妊娠期(マイナス1歳)から始めることが、最も効果的なのです。

虫歯菌(ミュータンス菌)は、19〜31ヶ月(2歳前後)にお子さまに定着すると言われています。この期間は、お母さんとお子さまとのスキンシップがより密に行われる時期であり、それが最も大切な時期です。同じスプーンで食べ物を与えたり、キスをすることで、お子さまには虫歯菌(ミュータンス菌)に感染します。

しかし、これらのスキンシップをやめるわけにはいきません。
そのため、お母さんの口腔ケアが最も大事だということです。
このお母さんの口腔ケア(虫歯予防)は、妊娠期(マイナス1歳)〜出産直後から始めることが望ましいのです。ぜひ、マタニティ歯科外来にいらして、お口の中の健康チェックをしていただきたいと思っております。

フッ素配合の歯磨き

フッ素配合の歯磨きペーストを使って1日2回歯を磨きましょう。特に寝る前は忘れずに磨いて下さい。
また、1日1回、デンタルフロスを使用することで、虫歯と歯周病のリスクが下がります。当院では、フロスや歯間ブラシの使い方などもお教えしておりますので、お気軽にご相談下さい。

歯周病と早産・低体重児の関係

歯周病が、早産や低体重児出産に大きく関わっていることが分かっています!

歯周病と早産・低体重児の関係
最近、歯周病を持つ妊婦が早産や低体重児出産をする確率が高いということがデータで分かっており、さらに妊婦の歯周病予防の強化が求められています。
早産や低体重児を出産する危険率は、年齢や人種、出産経験など、他の因子と比べ約7倍以上も高いことが分かっています。

歯周病は、血行を介して胎盤や子宮へと感染していきます。
この歯周病菌の炎症性物質が子宮を収縮させ早産を引き起こしたり、胎児の成長不足を引き起こし低体重児の出産につながったりするのです。

よって、歯周病菌を保有する妊婦は、このように早産や低体重児出産のリスクが高いということです。

しかし、歯周病治療をうけている妊婦は、その治療効果により、早産・低体重児出産の発現率が低下するというデータもあります。
つまり、たとえ歯周病があったとしても、適切な歯周病治療を行うことで、そのリスクを低減出来るというわけです。
当院では、産前産後のお母さんの歯科治療外来を設けておりますので、お気軽にご相談ください。

妊婦さんのデンタルケア

キシリトールで虫歯予防

虫歯予防にはキシリトールが最も効果的です。
キシリトールは、虫歯菌のエネルギー源にはならず死んでしまいます。日常的にキシリトールを接種すると虫歯菌(ミュータンス菌)は減っていきます。また、キシリトールのガムを咬むことにより唾液が沢山でるようになります。唾液には虫歯菌を洗い流す効果があります。キシリトールを効果的に接種しましょう。
ただし、キシリトールガムは、市販されているものと歯科医院で販売されているものではキシリトールの含有量が異なります。歯科医院で販売されているもののほうが含有量が高く、1日の摂取量も少なくすみますので、当院受付にてお買い求め下さい。

妊娠中の歯の治療時期

妊婦さんのデンタルケア安定期(5〜9ヶ月)に治療することをおすすめします。
妊娠中の口腔内の歯科レントゲン撮影は、必要最低限で撮影します。撮影の際は、鉛のエプロンを着用することで、赤ちゃんの被曝がほとんどないことが確認されています。
また、歯科治療で麻酔が必要になる場合がありますが、歯の治療の麻酔は局所麻酔ですので、赤ちゃんに影響が及ぶ範囲ではありませんのでご安心下さい。また、 内服薬が必要な場合でも、妊娠中に内服しても問題ないお薬を処方しますのでご安心ください。

歯の定期検診

つわりのひどい時期などは、奥歯の歯磨きがしにくくなったり、1日に小分けにしてなんども食事をすることで、お口の中の清潔が保たれにくくなります。
お口の中がネバネバしたり、細菌の活動しやすい環境になってしまいます。できるだけ、定期的に歯科医院にて定期検診を受けることをおすすめしています。